一般社団法人 浜松市医師会

健康トピック

ノロウイルスにご注意を!

静岡県内の小児科で、12月5日〜11日に感染性胃腸炎と診断された週間患者数の平均が20.92人となり、国立感染症研究所が定める警報レベルの基準値20人を6年振りに超えました(県西部地区の平均は14.47人)。その大半はノロウイルスが原因で、県内では11月初旬から感染が急激に拡大しています。

感染すると、1〜2日間体内に潜伏した後、嘔吐や下痢、腹痛などの症状が1〜2日間続きます。発熱することもありますが重症化も少ないです。治療薬や予防薬はありません。

感染力の強いウイルスですので、手洗いの徹底や、ドアノブなど多くの人が触る箇所の殺菌消毒により感染予防を心掛けましょう。

食中毒は夏だけではありません!

年間の食中毒の患者数の約半分はノロウイルスによるもので、うち約7割は11月~2月に発生しています。この時期に流行する感染性胃腸炎の多くはノロウイルスによると考えられます。

ノロウイルスは手指や食品などを介して、経口で感染し、ヒトの腸管で増殖し、嘔吐、下痢、腹痛などを起こします。健康な方は軽症で回復しますが、子どもやお年寄りなどでは重症化したり、嘔吐物を誤って気道に詰まらせて死亡することがあります。

ノロウイルスについてはワクチンがなく、治療は輸液などの対症療法に限られるので、予防対策を徹底しましょう。

感染したときの症状は

イメージ

感染した場合、潜伏期間(感染から発症までの時間)は約24~48時間。主な症状は吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。

通常、これらの症状が1~2日間続いた後に治癒し、後遺症もありません。 また、健康で体力のある方は、感染しても発症しない場合や、軽い風邪のような症状の場合もあります。

感染したらどうすればいいの?

現在、ノロウイルスについてはワクチンがなく、治療は輸液などの対症療法に限られます。そのため特に、体力の弱い乳幼児や高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給を十分に行いましょう。脱水症状がひどい場合には病院で輸液を行うなどの治療が必要になります。

止しゃ薬(いわゆる下痢止め薬)は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しないことが望ましいでしょう。

  • 感染が疑われる場合は、かかりつけの医師や最寄りの保健所にご相談ください。
  • 保育園や学校、高齢者の施設等で発生したときは、早く診断を確定し適切な対症療法を行うとともに、感染経路を調べて感染の拡大を防ぐことが重要ですので、速やかに最寄りの保健所にご相談ください。

ノロウイルスは感染力が強く
食中毒の大規模集団発生を起こしやすい

近年、食品取扱者を介してウイルスに汚染された食品を原因とする事例が増加傾向にあります。食品が特定されている中で最も多い原因としては、ノロウイルスに汚染された二枚貝を、生や加熱不足のまま食べることで食中毒が発生しています。

(1)人からの感染

患者の便や嘔吐物から人の手などを介して二次感染する場合
家庭や施設内などでの飛沫などにより感染する場合など

(2)食品からの感染

感染した人が調理などをして汚染された食品を食べた場合
ウイルスの蓄積した、加熱不十分な二枚貝などを食べた場合など

感染予防3つのポイント

イメージ

(1)「手洗い」をしっかりと!

手洗いは、手指に付着しているノロウイルスを減らす最も有効な方法です。調理前(飲食業を行っている場合は食事を提供する前も)、食事前、トイレの後、下痢等の患者の汚物処理やオムツ交換等を行った後(手袋をして直接触れないようにしていても)には必ず行いましょう。

常に爪を短く切って、指輪等をはずし、石けんを十分泡立て、ブラシなどを使用して手指を洗浄します。すすぎは温水による流水で十分に行い、清潔なタオルまたはペーパータオルで拭きます。石けん自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする効果があります。

※消毒用エタノールによる手指消毒は、石けんと流水を用いた手洗いの代用にはなりませんが、すぐに石けんによる手洗いが出来ないような場合、あくまで一般的な感染症対策の観点から手洗いの補助として用いてください。

イメージ

(2)「人からの感染」を防ぐ!

家庭内や集団で生活している施設でノロウイルスが発生した場合、感染した人の便や嘔吐物からの二次感染や、飛沫感染を予防する必要があります。

ノロウイルスが流行する冬期は、乳幼児や高齢者の下痢便や嘔吐物に大量のノロウイルスが含まれていることがありますので、おむつ等の取り扱いには十分注意しましょう。

(3)「食品からの感染」を防ぐ!

加熱して食べる食材は中心部までしっかりと火を通しましょう

二枚貝などノロウイルス汚染のおそれのある食品の場合、ウイルスを失活させるには、中心部が85~90℃で90秒間以上の加熱が必要とされています。

調理器具や調理台は「消毒」して、いつも清潔に

まな板、包丁、食器、ふきんなどは使用後すぐに洗いましょう。
熱湯(85℃以上)で1分以上の加熱消毒が有効です。

参考出所:厚生労働省ホームページ、政府広報オンライン、首相官邸ホームページ

ページのトップへ