一般社団法人 浜松市医師会

Author Archive

第2921回診療協議会(生涯教育研修会) ※ハイブリッド講演会

2024-02-27
日時 2024年3月28日(木)19時30分~21時00分
配信場所 浜松市医師会館5階ライブラリー
演題 「日常診療に役立つ甲状腺疾患の基礎知識」
※内分泌疾患の中で甲状腺疾患は最も頻度が高く、日常診療でしばしば遭遇します。代表的な甲状腺疾患の診断と治療について概説します。
講師 浜松医科大学 内科学第二講座 内分泌代謝内科 
助教 松下 明生 先生
申込
備考 申し込みいただいた方には、参加方法や聴講に必要なID、パスワードを申込期日以降に連絡いたします。会場の座席に限りがございますので、現地参加の場合も、Web参加の場合の場合も必ず事前に申し込みをお願いします。 

日本生涯教育制度履修単位1.5単位(0)

第2920回診療協議会 ※ハイブリッド開催

2024-02-27
日時 2024年3月21日(木)19時00分~20時00分
場所 浜松医療センター 2号館3階講堂
演題 慢性腎臓病を再考するうえでの高カリウム血症治療SGLT2の話(仮)
講師 浜松医科大学医学部附属病院 腎臓内科 診療助教 岩倉 考 先生
WEB参加申込

日本生涯教育制度履修単位1単位(73)

第2919回診療協議会(西部胸部疾患懇話会) ※web講演会

2024-02-27
日時 2024年3月14日(木)19時30分~20時30分
演題 肺がん治療の新境地〜イピリムマブ+ニボルマブ療法の光と影〜
講師 函館五稜郭病院 呼吸器内科 医長 角 俊行 先生  先生
WEB参加申込

日本生涯教育制度履修単位1.5単位(10)

第2918回診療協議会(浜松消化器病研究会) ※ハイブリッド開催

2024-02-27
日時 2024年3月7日(木)19時15分~21時00分
場所 グランドホテル浜松2階白鳥
演題 症例検討
症例検討施設 浜松医科大学 内科学第一講座、浜松労災病院 消化器内科
ミニレクチャー 未定
講師 浜松医療センター 消化器内科肝臓内科部長 影山 富士人  先生
WEB参加申込

日本生涯教育制度履修単位1.5単位(4・24・27)

乳がん精密検査説明会

2024-02-27
日時 2024年3月22日(金)午後7時30分~9時00分
開催方法 ZoomによるWeb説明会
演題 「乳がん精密検査票の改定について」
申込
申し込み締切 3月15日(金)
対象者 乳がん検診受託医療機関
医師のみならず、実務担当者、関係部署の方々もご参加ください。

70回生(1年生)浜松市医療救護訓練に参加しました

2024-02-22

2月11日、浜松市・浜松市医師会共催の医療救護訓練に、学生がボランティアとして参加しました。
1年生11名は、大規模災害発生を想定したトリアージ訓練のなかで、模擬患者として参加しました。災害時の医療現場のようすを見ることで、准看護師として何ができるかを考えながら、訓練に臨みました。
 年初に大きな地震があり、地震が身近なものであると改めて思い知らされました。災害時でも看護職としての責任を果たすことができるように、日々勉強していきたいと思います。

 

産業医研修会

2024-02-13
日時 2024年3月11日(月)19:00~21:00
講師 「1.過重労働面談の実際 2.職場巡視の実際」
ヤマハ健康管理センター 山本 誠 先生
浜松労災病院 河野 英理子 先生
申込
備考 *定員以上の申込があった場合は、新型コロナウイルス感染拡大防止の影響により有効期限を超過した方、または有効期限が間近な方、を考慮の上、決定いたします。(浜松市医師会員を優先いたします。)
駐車場は夜間救急室専用となりますので使用できません。
近隣のコインパーキングをご利用ください。

日本生涯教育制度履修単位2単位(4.11)

 

肺がん検診従事者講習会

2024-02-06
日時 2024年3月4日(月)19時00分~21時00分
場所 講習会:グランドホテル浜松 2階「鳳東」
懇談会:          2階「鳳西」
演題 「症例で学ぶ肺がん検診CXR読影のポイントとピットフォール」
講師 がん研究会有明病院 画像診断部 負門 克典 先生
申込
備考 4年ぶりに懇親会(無料)も開催致します。是非ご参加ください。
日本生涯教育制度履修単位1単位(CC:11)

69回生(2年生)グループワーク発表会 を行いました

2024-02-02

 1月17日に7階講堂にて第69回生グループワーク発表会を行いました。実習で抱いた疑問や気がかりをもとに知りたいテーマを選定し、研究した成果を発表しました。
 先行文献の検索や研究方法の決定、論文作成など、慣れない「看護研究」のプロセスはグループで協力しながら乗り切り、立派に発表が出来ました。
 今年度はコロナ禍前のように、1年生及び外部講師の方にも参加していただき、盛大に開催することができました。看護において重要な「協働」と疑問を追及する楽しさを感じた発表会となりました。

~発表内容~
1G:「リフレーミングの効果による患者の影響」
   ~意欲につながる声かけとは~
2G:看護学生の弾性包帯の圧迫圧に関する実験的研究
   ~圧迫測定器使用による学習効果の検討~
3G:看護学生の白衣における汚染や管理に関する意識調査
4G:アウトメディアを行うことによる心とからだの変化
   ~第69回生と第70回生の質問調査を行って~
5G:洗髪における満足感の主観的評価
   ~洗髪で患者さんの心理的な充足を得る方法~
6G:看護ケアの方法が患者に及ぼす精神面への影響
   ~身体拘束を受ける患者の疑似体験を通して~

 

在宅医療推進のための講演会「BCPについて」

2024-01-30
日時 2024年3月8日(金)19:30~21:00
場所  浜松市医師会館 7階講堂 ハイブリッド開催
演題・講師 テーマ 「BCPを通して、多職種で地域全体の災害支援を考える」
講師 慶応義塾大学医学部衛生学公衆衛生学教室 講師       コミュニティヘルス研究機構 機構長・理事長    山岸 暁美様
定員 定員 会場120名 WEB 制限なし 会場参加が可能な方は会場参加をお願いします。また、事業所単位等でZOOM参加も可能です。お申込は1人ずつお願いします。
申込 申込フォーム

締め切り:2月29日(木)

問い合わせ
(TEL 053-452-2531 直通)

案内   PDFダウンロード BCP講演会 案内(会員)

 

日本生涯教育制度履修単位1.5単位(CC:14)取得予定

« Older Entries

ページのトップへ