一般社団法人 浜松市医師会

浜松市医師会について

理念

本会は、医道の高揚、医学および医術の発達
ならびに公衆衛生の向上を図り、
もって社会福祉を増進することを目的とする。

会長あいさつ

市民の命と健康をうけとめる
社会の公器として

浜松市医師会長
滝 浪 實takinami makoto

img_about02

浜松市医師会の会員数は2016年8月で1000名を超え、静岡県内の地区医師会としては最大規模であり、急激に変貌する医療環境のなか、常に地域医療の充実を目指し、市民の健康の維持増進に努めています。

浜松市医師会では、夜間救急室の運用や病診連携の充実など、地域の医療機関が連携し役割を分担することにより、さまざまな問題の解決を図ってきました。この取り組みは今後も進化させていく必要があります。複数の医療・保健・福祉機関が連携し、また多くの職種が集まりチームで医療・介護が行われることが一般的となりつつあるのです。

浜松市医師会はそのための連結機能を担い、市内の基幹病院と開業医とが情報を共有し、より良い医療を提供するためのハブでありたいと考えます。また、開業医、勤務医という立場の違いにこだわることなく、浜松という地域で医療に従事する医師として仲間となり、集散する会に盛り上げていきたいと思います。市民の皆さんはもとより、浜松市、関係諸団体と力をあわせ、「浜松に生まれ育ち、人生を楽しめて良かった」と皆が思える医療を届けてまいります。皆様、ご協力ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

ページのトップへ