一般社団法人 浜松市医師会

学校の紹介

浜松市看護高等専修学校イメージ

超高齢化社会を迎えようとする日本の社会は今、これまでのセオリーを打ち破る変革を求められる時代となりました。
医療も大きな変化を遂げたその中で、看護師の役割は今まで以上に重視され、医療福祉の今後の発展に欠くことの出来ない大きな存在となりました。
本校は、浜松市医師会のもと、社会のニーズに応えるべく、今後ますます変化する医療に対応できるスキルをもった准看護師の養成とともに、生涯学び、社会に貢献できる心豊かな人材の育成をめざしています。

沿革

1954年4月1日付
浜松市紺屋町104番地(旧医師会館内)静岡県指令第457号を似て保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)第22条第2号の規定による准看護師養成所として指定を受け設立。
1954年4月26日
授業開始。
1960年12月19日付
静岡県指令第1273号を似て学校教育法第4条並びに私立学校法第5条により認可を受ける。
1968年4月
校名変更、浜松市医師会付属准看護学院となる。
1982年12月
学校教育法第82条の8第一項の規定により許可を受ける。定員1学年50名、2年コース。
1983年4月
浜松市鴨江2丁目11番地2号に移転、校名も浜松市医師会看護高等専修学校と変更する。
1990年4月
准看護師の教育課程が改正され、カリキュラムを大幅に変更する。
2002年4月
准看護師教育課程改正によりカリキュラムを大幅に変更する。
2010年8月
浜松市医師会館新築移転に伴い浜松市中区伝馬町311番地の2に移転する。
2011年4月
校名変更、浜松医師会看護高等専修学校となる。
2013年4月
校名変更、浜松市医師会看護高等専修学校となる。

教育理念

医師、歯科医師または看護師の指示のもとに、療養上の世話または診療の補助ができる知識・技術・態度を習得させ、それを実践できる職業人を育成することを目的としている。できるかぎり看護者にふさわしい人間としての生き方ができるよう、また職業人としての資源や態度を将来伸ばしていけるような土台作りが必要であると考える。

教育目的

地域社会に貢献し得る豊かな人間性をもち、主体的に行動できる准看護師を育成する。

教育目標

  1. 1准看護師として医師、歯科医師または看護師の指示のもとに、療養上の世話または診療の補助に必要な基礎的な知識・技術・態度を習得する。
  2. 2人間として自らをみつめ豊かな感性を養い、調和のとれた人格形成に努める。
  3. 3常に問題意識をもち、自ら学ぶ態度を養う。
  4. 4保健医療チームの一員としての自覚を高める。
  5. 5地域住民や施設と連携し、健康や看護について啓発普及に努める。

ページのトップへ