一般社団法人 浜松市医師会

救急医療(浜松方式)

市民の安心を支える充実の救急医療体制「浜松方式」

浜松では、1次救急(入院や手術を必要としない軽症者)に対応する夜間救急室から、医師が自宅待機する1.5次救急、7つの総合病院が輪番制で対応する2次救急、3病院の救命救急センターによる3次救急まで緊密に連携。

医師会・病院・救急隊・行政の協同により全国に先駆けて整備されたこの救急医療体制は「浜松方式」と呼ばれ、365日・休日なしの救急医療システムを実現しています。

浜松市の救急医療体制図

img_emergency_medical01

ページのトップへ