一般社団法人 浜松市医師会

健康診断

イメージ

地域保健の柱は、疾病の早期発見・早期治療、地域住民の健康意識の向上の2つ。いずれも行政との密接な関係が不可欠であり、高い公平性が要求されます。

子どもの健康検査

  • 3歳児健康診査
  • 1歳6か月児童健康診査
  • いきいき健診(生活保護受給者等に対する健診)
  • 学童心臓健診

特定健康診査

特定健康診査は40歳から74歳の保健加入者を対象に、2008年から導入された新しい健診です。一般的には特定健診やメタボ健診という名称で呼ばれており、高血圧、高脂血症、心疾患、肝疾患、腎疾患、糖尿病、貧血、メタボリックシンドロームなどが診断されます。メタボリックシンドロームの診断基準により、複数のリスクを持つ受診者に対しては特定保健指導が行われます。

がん検診など

浜松市では、市民の健康を守るため種々のがん検診を実施しています。浜松市医師会はその中心的役割を担うとともに、開業医・勤務医が集まる研修会を定期的に開催し、各自の診断能力向上とノウハウの蓄積、データベースの構築に力を入れています。

  • 結核・肺がん検診
  • 大腸がん検診
  • 胃がん検診
  • 子宮頸がん検診
  • 乳がん検診
  • 前立腺がん検診
  • 骨粗鬆症検診
  • 肝炎ウイルス検診

二次読影

浜松市医師会では、がん検診に、医師会としては日本初の遠隔デジタル検診システムを導入し、検診の画像を二重にチェックしています。肺がん・胃がん・乳がんに関して、浜松市医師会員の診療所、検診センターなど、かかりつけ医で得られた検診データが医師会にネットで送られ、2人の専門医師により再度読影。精度の高い検診をスピーディーに実現しています。

イメージ

肺がん検診

医師会館5階の二次読影室で胸部X線画像をチェック。肺結核・肺がんの疑い診断を行います。

イメージ

胃がん検診(X線・内視鏡)

胃X線検査に加えて内視鏡検査も可能になりました。胃がん発見率のさらなる向上を目指します。

イメージ

乳がん検診

マンモグラフィ(乳房X線撮影装置)検査医療機関の紹介を経て乳がんの疑い診断を行います。

ページのトップへ